KH|多様なユーティリティスペース

K-HOUSE, Aichi, 2014

敷地周辺エリアには、母屋に付属する小屋のようなスペースを持つ住宅が多い。そこは時に倉庫であり、離れであり、交流の場であり...と様々なシーンに対応するフレキシブル空間となっている。このエリアに根付いたこの独特なスペースを本建築にも取り込むことで、新たな住宅のカタチを提案できるのではないかと考えた。軒下の屋外空間は半分インテリアのような感覚を持ち、半屋内スペースとして有効活用できる。家族でBBQを楽しんだり、お昼寝をしたり、ママ友会をしたり...と母屋に寄り添う不思議なスペースを創り出した。

また、当該敷地の南側と東側は人通りの多い道路に面しているため、外部からの視線については慎重にスタディを重ねた。最終的には軒の出を一般的な住宅よりも延長し、軒高さをGL+1200に設定した。道路を通行する人の視線が内部まで通らないよう、配慮した結果である。

内部空間についても大屋根が一役買っている。建物全体を1つの屋根で覆うことにより各部屋の連続性や一体感が高まる。勾配屋根としたため、それぞれの部屋の天井高にも変化が生まれ、生活のシーンに応じた多様な空間が生み出されている。生活の中心となるリビング、ダイニング、キッチンには吹き抜けが設けられ、天井部の数カ所にトップライトを設けた。吹き抜けを介して降り注ぐトップライトからの光が、室内空間をおおらかに照らし出し、開放感を演出する。


NI&Co. Architects

名古屋市の設計事務所です。主に東海三県を活動拠点としておりますが、全国各地に赴きます。 お客様のご要望や懸念材料を丁寧に読み解き、話し合いを重ねながらイメージを作り上げます。 納得されるまで何度もお打合せ・検討を重ね、イメージを共有しながらカタチにしていきます。 各種ご相談は無料で承っております。お電話、EMAIL、FAXにてお気軽にお問い合わせ下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000